個別指導塾にも色々な種類があります。個別指導塾をお勧めするとお話しました。 しかし、全てのお子さんに個別指導塾があっているかと言うとそうではありませんよね。 その子の目標に合う様な塾を見つけることですね。

そこで塾選びの参考になれば良いと思います。 『個別指導塾の短所』 1対2指導、1対3指導などを選んだ時、親が思っているほど講師は生徒を見ることが出来ないことです。 1対2以上の指導方法にすると、指導を受けている以外の生徒は自分でひたすら問題を解いているしか出来ないことです。 ブース形式になると質問したくても出来ないことがあります。

塾の教材を使い勉強していくことが多いので、それ以外の教材について質問しにくいことです。。 予習や宿題が出来ていない子には、授業中質問することも出来ないので、ひたすら問題を解くだけになってしまうことがあります。

※これらの短所は、全ての個別指導塾がそうだと言うことではありませんよ。 『個別指導塾の長所』 1対1指導を選べば子どものレベルに合う指導をしてもらうことが出来ることですね。 学校より先の勉強ができるので、学校では復習として勉強することが出来ます。 そして、様々なパターンの問題が解けるようになります。